2020.05.29 Friday

Services

services01.png

 新型コロナウィルスの世界的拡大が止まらない中、混乱に乗じて企業のデータを狙うランサムウェアの被害が増加の一途を辿っている。例えば、「新型コロナウィルス対策に関する情報」や「マスクの特別販売」をうたったりする詐欺メールで受け取った人の関心を引き、ついクリックしてみたくなる内容を装って添付ファイルを開封させたり、偽サイトに誘導して個人情報を盗んだり、マルウェアや悪意あるアプリをダウンロードさせたりしようとします。

 

 政府による緊急事態宣言の発令に伴い、急場しのぎのテレワークに移行した企業が増えています。このため、自宅で業務を行う社員が疑わしいメールを受け取っても、オフィスなら周りの管理者や同僚に相談し、対処することが難しくなっていることから、ランサムウェアの感染リスクが高まっていると言えるでしょう。 

 

 

SmartProtection1.png SmartBackup1.png